スポンサーサイト

  • 2013.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


social studies 【超速まとめ】 古代文明と日本の成立


歴史の最初の章、古代文明と日本の成立が一目で理解できるように、重要事項を最もわかりやすくまとめました。

1、人類の出現

人類…直立歩行・道具・火の使用・言語が特徴

猿人…700万年前アフリカに現われた、最古の人類

原人…200万年前に現われ、打製石器を使用

新人(ホモ・サピエンス)…20万年前に現われた、現代の人類の直接の祖先

旧石器時代…1万年前まで、打製石器を使い、狩猟と採集

新石器時代…1万年前から、磨製石器と土器を使い、農耕と牧畜


2、文明のおこり

文明…ができ、支配するものと支配されるものが分かれ、青銅器鉄器を使い、文字も生まれる

エジプト文明
・紀元前3000年
ナイル川流域
・太陽暦
・象形文字(ヒエログリフ)
・ピラミッド

メソポタミア文明
・紀元前3000年
チグリス・ユーフラテス川流域
・太陰暦
くさび形文字
・60進法・7曜制・最古のハンムラビ法典

オリエント…エジプトとメソポタミアを含む地域
・アルファベット、鉄器

ギリシャ…紀元前8世紀〜、ポリス(都市国家)で民主政治、ソクラテスやパルテノン神殿

アレキサンダー大王…マケドニア王、東方遠征で大帝国を建設、ヘレニズム文化

ローマ帝国…紀元前1世紀〜、地中海一帯に大帝国、土木工事、コロセウム、ローマ法


インダス文明
・紀元前2500年前
インダス川流域
モヘンジョ・ダロなどの遺跡
・アーリア人により滅ぶ
・カースト制


3、宗教のおこり…

仏教
・紀元前5世紀
・インド
・釈迦(シャカ)が開く

キリスト教
・紀元前後
・パレスチナ
イエスが開く
・「聖書」

イスラム教
・7世紀
・アラビア半島
ムハンマドが開く
・「コーラン」、アラーの神

三大宗教…仏教・キリスト教・イスラム教


4、中国文明…黄河流域に古代文明

…紀元前16世紀頃、青銅器甲骨文字

周…殷を滅ぼす

春秋・戦国時代…鉄製の兵器や農具、孔子儒教を説く

…紀元前3世紀、始皇帝が中国を統一、万里の長城を築く

シルクロード(絹の道)でローマ帝国と交易


5、日本列島の誕生と縄文文化

氷河時代の日本…大陸と地続き、打製石器、狩猟と採集生活、マンモス・ナウマン象・オオツノジカ

岩宿遺跡…群馬県、打製石器

日本列島…1万年前に誕生

縄文文化縄文時代…縄文土器がつくられた時代
縄文土器…縄目の文様
竪穴住居
・狩猟と採集
土偶
貝塚
三内丸山遺跡(青森県)


6、弥生文化と邪馬台国

弥生文化弥生時代)…弥生土器がつくられた時代
弥生土器…ろくろでつくり、薄くてかたい
稲作
定住生活・むらができる
高床式倉庫
金属器鉄器は武器や工具、青銅器は祭祀用(銅剣・銅鐸・銅鏡など)
登呂遺跡(静岡県)・吉野ヶ里遺跡(佐賀県)

くにの誕生
紀元前後…倭(わ)に100余りの国(「漢書」地理志
1世紀…倭の(な)の国王が後漢の皇帝から金印「後漢書」東夷伝
3世紀邪馬台国の女王の卑弥呼が中国三国時代の魏より親魏倭王の称号と金印(「魏志倭人伝」


7、古墳時代と大和政権

古墳時代3世紀後半以降の、各地に王や豪族の墓(古墳)がつくられた時代、奈良盆地の大和政権が勢力を広げる

古墳…日本に多い前方後円墳はにわ

大和政権5世紀、東北地方南部までを支配、王は大王おおきみ)と呼ばれる
朝鮮の百済(くだら)や伽耶(かや:任那みまな)と結び、高句麗(こうくり)や新羅(しらぎ)と戦う(高句麗の広開土王好太王の碑

渡来人…朝鮮半島から移り住んだ人たち、漢字仏教・儒学・須恵器などを伝えた




(古代文明の各内容の、さらに詳しい説明はこちらの目次からたどってご覧ください。)

social studies 【超速まとめ】 地球・地域・気候・生活


地理の最初の章、地球・地域・気候・生活が一目で理解できるように、重要事項を最もわかりやすくまとめました。

1、地球

陸と海…陸:海=3:7、陸地は北半球に多い

3海洋太平洋大西洋インド洋

6大陸ユーラシア大陸アフリカ大陸北アメリカ大陸南アメリカ大陸オーストラリア大陸南極大陸

緯度…ある地点と地球の中心と赤道とのつくる角度で、北半球は北緯、南半球は南緯で表わす
・赤道は緯度0度、大阪市は北緯34°、北極は北緯90°、南極は南緯90°
・地球儀で赤道に平行にひかれた線が緯線

本初子午線…北極と南極を結びイギリスのロンドンの旧グリニッジ天文台を通る、経度0°を示す線

経度…本初子午線から東まわりに180°までを東経、西まわりに180°までを西経という
東経135°が兵庫県の明石市を通る(この経度を基準に日本の標準時を決めている)
・地球儀で北極と南極を結んで縦に引かれた線が経線

時差…本初子午線を基準に、15°ごとに1時間ずつの時刻の差が生じる


2、世界の地域

6つのアジアアフリカヨーロッパ北アメリカ南アメリカオセアニア

国際連合加盟国…約190国

世界の人口…約70億人

人口の多い国…中国(約13億5000万)、インド(約12億2000万)、アメリカ(約3億2000万)、インドネシア(約2億3000万)、ブラジル(約2億)

面積が大きい国…ロシア連邦カナダアメリカ中国ブラジル

面積が小さい国…バチカン市国・モナコ


3、気候

世界の気候区分…熱帯乾燥帯温帯冷帯寒帯

(1)熱帯…赤道直下、北回帰線と南回帰線にはさまれた、最寒月でも18°以上の地域

熱帯雨林気候…年中高温多雨熱帯雨林(ジャングル)が広がる

サバナ気候…熱帯雨林気候の周囲にあり、雨季乾期があり、サバナ(草原)が広がる

(2)乾燥帯…南と北の回帰線付近の、乾燥しすぎて植物が生育しにくい地域

砂漠気候…植物が生育せず、1日の気温差が大きい

ステップ気候…少量の雨が降り、ステップ(短い草の草原)が広がる

(3)温帯…温暖で四季がある、最寒月の気温が-3°〜18°の地域

温暖湿潤気候…大陸の東側にあり、季節風モンスーン)が吹く

西岸海洋性気候…大陸の西側にあり、暖流偏西風の影響で気温と降水量の変化が小さい

地中海性気候…夏の降水量が少ない

(4)冷帯(亜寒帯)…最寒月の気温が-3°以下の地域

タイガ気候…タイガ針葉樹林)が広がる

(5)寒帯…極付近の、最暖月の気温が10°未満の地域

ツンドラ気候…最暖月の気温が0°以上で、夏にこけが生える

氷雪気候…最暖月でも気温が0°未満で、1年中におおわれている

(6)特殊な気候…高山気候

高山気候…空気が薄く、気温が低い、アンデス高地など


4、民族・言語・宗教

民族文化言語を共有して共同体意識を持つ人々の集団(漢民族・大和民族・ゲルマン民族・ラテン民族・スラブ民族など)

母語…最初に覚えた言語

公用語…政府が公式にもちいると決定した言語

世界宗教キリスト教イスラム教仏教

民族宗教ヒンドゥー教ユダヤ教




(地球・地域・気候・生活の各内容の、さらに詳しい説明はこちらの目次からたどってご覧ください。)

social studies 源頼朝(みなもとのよりとも)の生涯と業績


1159年
平治の乱で、父、源義朝(よしとも)が敗死し、子の頼朝は伊豆に流されます。1180年に平氏打倒の兵を挙げ、1185年壇ノ浦で平氏は滅亡。
頼朝は国ごとに守護、荘園・公領ごとに地頭を置き、1192年征夷大将軍に任命されて、史上初めての本格的な武士の政権、鎌倉幕府が成立しました。


源頼朝までの系図

清和天皇
↓貞純親王
↓源経基
…平将門・藤原純友の反乱の鎮圧に功があった
↓源満仲
↓源頼信
…河内源氏の租、平忠常の乱を平定し東国の武士を配下に
↓源頼義…前九年の役で安倍氏を討つ
↓源義家
…後三年の役で活躍
↓源義親
↓源為義
…保元の乱で敗北、子の義朝により処刑された
↓源義朝
…平治の乱で敗北、敗走中に尾張国で謀殺された
↓源頼朝
…弟が源範頼・源義経
↓源頼家・源実朝
…頼朝の子、2代・3代将軍

承平天慶の乱に功のあった源経基の子孫のうち、河内国(現在の大阪府)を本拠にした源頼信は平忠常の乱をきっかけに東国の武士との結びつきを強めました。

源頼義義家親子が安倍氏を討った前九年の役源義家が清原氏の内紛に介入した後三年の役で、源氏は関東・東北に強固な基盤を築きました。

保元の乱で崇徳上皇方であった源為義平治の乱で平清盛に敗れた源義朝の時代に源氏は没落、義朝の子の頼朝は助命されて伊豆に配流されてしまいます。


平治の乱で敗北、伊豆に流される

1147年、源頼朝は河内源氏の棟梁である源義朝の三男として尾張国(現在の愛知県)熱田で生まれました。母は熱田神宮大宮司の娘です。

保元の乱で平清盛と共に勝利した源義朝の嫡男として、母の家柄が高かったため、異母兄の義平や朝長より早く昇進しました。

ところが、平治の乱で父義朝が平清盛に敗北、東国をめざして敗走中に義朝は裏切った配下の長田忠致に殺され、頼朝は平家に捕われてしまいます。

頼朝は処刑される運命でしたが、同情した平清盛の継母である池禅尼(いけのぜんに)の嘆願があり、死罪を免れて伊豆の国に流刑となりました(弟の範頼・義経も死罪を免れました)

罪人として流された伊豆で部下の安達盛長らと不自由な生活を送っていた頼朝は、伊豆の豪族北条時政の娘、政子と恋仲となり、結婚します。


治承・寿永の乱と頼朝

平家打倒の挙兵・石橋山の戦い・富士川の戦い・侍所の設置

1180年、後白河法皇の皇子の一人、以仁王(もちひとおう)が平氏追討の令旨(りょうじ:皇族の出す命令)を出して、頼朝の叔父である源行家と挙兵しました。

この挙兵は失敗に終わりますが、令旨を受けとった頼朝は関東の豪族に呼びかけて、まず伊豆国の目代(代官)山木兼隆を討ちました。
その後、相模国の石橋山の戦い(現在の神奈川県小田原市)で平家方の大庭景親らと戦い、敗れた頼朝は再起を期して安房国(現在の千葉県)に逃れます。

頼朝は徐々に味方を増やし、相模国に移って鎌倉を本拠としました。

平氏は頼朝追討の宣旨(せんじ:院の出す命令)を後白河法皇から得て関東に出兵します。
平維盛(たいらのこれもり)の率いる平氏軍と戦った頼朝軍は富士川の戦いで勝利しました。
このとき、奥州の藤原秀衡(ひでひら)のもとにいた弟の源義経(よしつね)が合流しました。

頼朝は常陸国(現在の茨城県)の佐竹氏を討つなど関東に勢力を広げ、和田義盛を別当(長官)とする侍所(さむらいどころ)を設けました。

全国各地で平家打倒の動きが強まる中、1181年、平清盛が病死します。


源義仲と源頼朝

1183年、奥州藤原氏を警戒して鎌倉を動けなかった頼朝に先んじて平氏を京都から追い落としたのは、頼朝の従兄弟であり、木曽を本拠とし、北陸にまで勢力を広げていた源義仲(よしなか)です。

平氏は安徳天皇を伴って西国へ逃れました。

都に進軍した源義仲の軍は規律に欠けていたため、後白河法皇や貴族の反感をかいます。
院は、頼朝の官位を上げ、頼朝が支配している関東での税の収納、御家人への統制を公式に認めて、義仲を牽制するために頼朝を利用しようとしました。

頼朝は、義仲を討つために、弟の範頼(のりより)・義経が率いる軍勢を京都に向けて送り出します。

義仲は後白河法皇を拘束して頼朝追討の宣旨を手に入れますが、1184年1月、近江国(現在の滋賀県)粟津で頼朝軍に敗れ、戦死しました。


公文所・問注所の設置と平氏の滅亡

1184年、源範頼源義経に率いられた頼朝軍は、源義仲を討ちやぶった後、平宗盛(むねもり)を総帥とする平氏一族を滅ぼすべく西国へ向かいます。

まず、摂津国(現在の)一ノ谷の戦いで頼朝軍は平家軍を撃破、頼朝は義経を代官として京都に置いて、近畿地方の武士を統括させます。

また鎌倉では、大江広元を長官に任じて政治一般を担当する公文所(のちの政所)を設置し、訴訟を担当する問注所を設けました。

1185年1月、源義経が後白河法皇の許可を得て京都を出陣、まず、讃岐国(現在の香川県)屋島の戦いで平氏を敗走させます。

次いで2月、長門国(現在の山口県)壇ノ浦の戦いで平氏は滅亡します。平氏に同行していた安徳天皇も入水死を遂げました。


義経の追放

1185年、平氏を滅ぼし都に凱旋した義経ですが、頼朝の許可を得ずに朝廷から位を受けたり、御家人に勝手な指示を与えたりしたことを理由に頼朝の信頼を失い、その所領を没収されます。

源義仲に味方した源行家と義経が通じていると疑った頼朝は義経の暗殺を謀りますが失敗します。

義経は後白河法皇を強制して頼朝追討の宣旨を得ますが、兵を集めることができず、行家とともに京都から逃走して身を隠しました。


鎌倉幕府の成立

1185年、頼朝が京都に派遣した北条時政は、後白河法皇が頼朝追討の宣旨を出したことを責め、義経を捕らえるためであることを口実に、全国に惣追捕使(そうついぶし:のちの守護(国ごとに置かれて軍事と警察の仕事を行う))と国地頭(くにじとう:のちの地頭(荘園・公領ごとに置かれて年貢を徴収する))を設置することを法皇に認めさせました。

全国で、兵糧米として年貢を徴収し、国の役人を指揮することができる権限を頼朝が手に入れたのです。

都を追われた義経は、奥州に逃れ、藤原秀衡(ひでひら)のもとにかくまわれました。

1189年、秀衡の死後、後を継いだ藤原泰衡(やすひら)は頼朝の圧迫に耐えかねて衣川で義経を攻め殺します。

頼朝は、義経を庇護したことを理由に奥州に出兵し、藤原泰衡は部下に殺されて、清衡・基衡・秀衡・泰衡の4代にわたって東北に一大王国を築いていた奥州藤原氏は滅びました(奥州合戦)。

1190年、頼朝は京都に入り、後白河法皇と対面します。
頼朝は征夷大将軍への任命を請いますが、法皇に拒否されます。

1192年、後白河法皇が崩御し、頼朝と協力していた摂政九条兼実(くじょうかねざね)の尽力もあって、頼朝は待望していた征夷大将軍になることができました。


頼朝の死後

1193年、頼朝は謀反を理由に弟の範頼を誅します。

1199年、落馬事故後の不調から、頼朝は53歳で死去しました。

2代将軍として頼朝の長男頼家(よりいえ)が就任しますが、母の北条政子は有力御家人による合議制を導入します。
頼家は権力を掌握しようと試みますが逆に北条氏によって将軍職を剥奪され、幽閉されて1204年に殺されました。

3代将軍になった、頼朝の次男実朝(さねとも)は頼家の子の公暁(くぎょう)に暗殺され、源氏の将軍は絶えてしまいます。

幕府の実権は、政所と侍所の別当を兼務した執権の北条時政の子義時以降、北条政子の実家の北条氏に移りました。


御恩と奉公

頼朝から始まった、鎌倉幕府と御家人との関係を表す言葉がご恩と奉公です。

御家人は頼朝に名簿を出し、臣従することを誓います。御家人の管理は侍所がおこないます。

将軍が、配下の御家人に与える恩恵がご恩です。

将軍は、御家人に先祖から伝来した土地の領有を認め(本領安堵)、功績に応じて新たに領地や守護・地頭の地位を与えます(新恩給与)。

将軍に対する御家人の義務が奉公です。

御家人は、平時は将軍のために京都大番役(きょうとおおばんやく)や鎌倉番役(かまくらばんやく)につき、戦時には軍役をになって命をかけて戦います。

御恩と奉公による将軍と御家人との主従関係を御家人制といい、領地である土地をなかだちとして統治と支配を行う政治制度のことを封建制度といいます。


源頼朝の生涯(年表)

1147年 源義朝の第3子として出生

1159年 平治の乱で父の義朝が平清盛に敗北、頼朝は捕われた(13歳)

1160年 伊豆国の蛭ヶ小島に配流(14歳)

1167年 平清盛が太政大臣になる

1178年 北条時政の長女政子と結婚

1180年 以仁王の令旨に呼応して平家打倒の挙兵(34歳)、石橋山の合戦で敗北、鎌倉に入った後、富士川の合戦で勝利、頼朝は侍所を設置

1181年 平清盛病死

1182年 長男の頼家が誕生

1183年 木曾義仲と源行家が先に京都に入り平氏は都を落ちる

1184年 木曾義仲が頼朝方との戦いで敗死、一の谷の合戦で平氏に勝利、頼朝、公文所(後の政所)、問注所を設置

1185年 壇ノ浦の戦いで平氏滅亡、頼朝は弟の義経を追討、また、関東御分国、平氏没官領、関東御領を得る

1189年 源義経、奥州で藤原泰衡に攻められ死亡、頼朝が奥州藤原氏を攻め滅ぼす

1190年 頼朝が京都に入る

1192年 後白河法皇崩御、頼朝が征夷大将軍に(46歳)

1199年 落馬事故よって亡くなる(53歳)、長男の頼家が2代将軍に


1203年 頼家が将軍職を追放され殺される、次男実朝が3代将軍、北条時政が執権

1219年 実朝が頼家の子の公暁に暗殺される(源氏の将軍は3代で断絶)

1221年 後鳥羽上皇が承久の乱を起こす、頼朝の妻北条政子の檄により幕府が勝利、六波羅探題を設置



***** 社会の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****


2012年度入試出題の時事問題 青森から鹿児島まで新幹線つながる


2010年12月に東北新幹線新青森駅(青森県)が開業したのに続き、2011年3月12日に博多駅(福岡県)新八代駅(熊本県)間が開通したことにより、青森県から鹿児島県までが新幹線でつながりました。


東北新幹線が新青森駅まで開通

大宮駅〜盛岡駅(1982年)、大宮駅〜上野駅(1985年)、上野駅〜東京駅(1991年)、盛岡駅〜八戸駅(2002年)の開業を経て、2010年12月4日に八戸駅〜新青森駅が開通しました。

また、2011年3月5日、新型車両の「はやぶさ」の運行が始まり、国内最高時速320kmで東京新青森間が3時間5分で結ばれることになりました。

2011年3月11日の東日本大震災では、全区間で運転を中止(新幹線乗客の死傷者はなし)したあと、「つなげよう、日本。」のキャンペーンのもと復旧が進み、4月29日に全線で運転が再開されました。

さらに、新青森駅から青函トンネルを通り、函館を経て札幌につながる北海道新幹線の建設工事も進んでいます。


九州新幹線の全線が開通

3月12日に開通したのは、九州新幹線鹿児島ルート博多鹿児島中央)と長崎ルート(博多駅〜長崎駅)のうち、鹿児島ルートです。

2004年の新八代駅〜鹿児島中央駅の開業についで、2011年3月12日に新八代博多が開業し、博多駅から鹿児島中央駅までの全線が開通しました。

従来の列車である「つばめ」「さくら」と、新たに導入された「みずほ」が路線上を走っています。
新大阪駅〜鹿児島中央駅間の最短所要時間は3時間45分、博多駅〜鹿児島中央駅は1時間19分です。


新幹線の路線
新幹線網






















新幹線の始発駅・終着駅、開業年、運行している列車、通過する都道府県を並べると次のようになります。

東海道新幹線
東京駅-新大阪
1964年全線開業
列車…のぞみ・ひかり・こだま
東京-神奈川-静岡-愛知-岐阜-滋賀-京都-大阪

山陽新幹線
新大阪駅-博多
1972〜75年全線開業
列車…のぞみ・ひかり・こだま(東海道新幹線と同じ)
大阪-兵庫-岡山-広島-山口-福岡

東北新幹線
東京駅-新青森
1982〜2010年全線開業
列車…はやぶさ・やまびこ・なすの
東京-埼玉-栃木-福島-宮城-岩手-青森

上越新幹線
大宮-新潟
1982年全線開業
列車…とき・たにがわ
埼玉-群馬-新潟

北陸新幹線(予定では金沢駅まで延長、現在、長野新幹線とよばれる)
高崎-長野
1997年
列車…あさま
群馬-長野

九州新幹線(鹿児島ルート)
博多駅-鹿児島中央
2004〜2011年
列車…みずほ・さくら・つばめ
福岡-佐賀-熊本-鹿児島

法律上は新幹線ではありませんが、在来線を活用した路線で新幹線と直通運転している鉄道をミニ新幹線といいます。

山形新幹線
福島-新庄
1992年
列車…つばさ
福島-山形

秋田新幹線
盛岡-秋田
1997年
列車…こまち
岩手-秋田





***** 社会の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****


social studies 後白河(ごしらかわ)天皇・上皇・法皇の生涯

後白河平安時代末期から鎌倉時代成立にかけての社会が激動した時代に、様々な事件で常に登場し続ける人物が後白河天皇(上皇・法皇)(天皇在位1155〜58、その後、二条・六条・高倉・安徳・後鳥羽天皇の5代のとき院政)です。




天皇即位直後に起こった保元の乱では平清盛源義朝を味方にして崇徳上皇を追放しました。

上皇となり院政を開始した後、藤原信頼を寵愛して平治の乱のきっかけをつくり平清盛の全盛時代を招きます。

法皇となり、やがて清盛と対立し、平氏打倒を図った鹿ケ谷(ししがたに)事件によって幽閉されます。

子の以仁(もちひと)王が出した平氏追討の令旨(りょうじ)をきっかけに源氏が挙兵、後白河法皇はその時々の強者に味方する院宣(いんぜん:院の出す命令)を発することで、源氏と平氏の戦いや、平氏滅亡後の源氏同士の戦いに介入し続けました。

平氏
滅亡を見とどけ、平氏を都から追い出した源義仲を同じ源氏の頼朝・義経をそそのかして滅亡させ、源義経を昇進させて兄頼朝との間に不和を生じさせ、義経を殺した源頼朝が征夷大将軍になることには最後まで抵抗します。

1192年、後白河法皇の死をきっかけに頼朝が征夷大将軍となって鎌倉幕府が成立し、後白河法皇が最も望まなかったであろう武士による政治が始まりました。

後白河・清盛・頼朝









後白河は「比類無き暗主」か「日本一の大天狗」か

藤原信西は若き雅仁(まさひと)親王(のちの後白河天皇)を「和漢の間に比類無きの暗主なり」と評しました。

白河から後鳥羽まで左図は白河天皇から土御門天皇までの系図です(青色は白河上皇の院政のとき、赤色は後白河上皇・法皇の院政のときの天皇です)。

崇徳天皇を嫌った鳥羽上皇は崇徳天皇を退位させ、「即位の器量にはあらず」ということで後白河を避けて弟を近衛天皇にします。
近衛天皇は早世し、後白河天皇が即位し、以後、後白河の系統に皇位は移りました。高倉天皇は平清盛の妻の妹の子、安徳天皇は平清盛の娘の子です(安徳天皇は壇ノ浦の戦いで入水死)。

後白河天皇(上皇・法皇)は権謀術数を駆使し、保元の乱平治の乱、平氏の追放、源義仲の凋落、平氏滅亡源義経の流浪と死など、平安時代の末期から鎌倉時代の成立時の大事件の常に影の主役でした。

「制法にかかわらず意志を通し」(藤原信西)、「黒白をわきまえない」(九条兼実)策略で、「日本国第一の大天狗」(源頼朝)として、歴史の歯車を大きく動かしました。

後白河(天皇・上皇・法皇)は、権力を争う一方に加担して勝者の側に立つことで権力を維持し、争いに勝って権力を握った人が自分にじゃまになり始めると対立勢力を利用して没落させるというやり口を繰り返して、自らの権威と院政の維持を図った人です。

後白河天皇(上皇・法皇)は、王朝内の争いに武士を利用することで武士が急速に台頭するきっかけをつくってしまいました。

さらに、王朝を維持するために武士の対立をあおることで結果的には政治の実権を武士に手渡すことになり、意図に反して武士の政権の成立を許すことになってしまいました。


後白河天皇(上皇・法皇)と仏教、文化

後白河天皇(上皇・法皇)は1159年より30数回熊野に参詣し、清盛に命じて蓮華王院(三十三間堂)を建立するなど仏教を保護しました。

若いときは今様(当時流行した声楽)を愛し、『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』、『梁塵秘抄口伝集』を自ら編集しました。

また、1183年、藤原俊成に命じて『千載和歌集(せんざいわかしゅう)』を編纂しました。


後白河天皇(上皇・法皇)の生涯(年表)

1127年 鳥羽(とば)上皇の第4皇子として出生

1155年 近衛(このえ)天皇(後白河の弟)崩御
後白河天皇として即位

1156年 崇徳(すとく)上皇(兄)と対立、保元の乱が起こる
後白河天皇・藤原忠通・源義朝平清盛が勝利し、崇徳上皇(配流)・藤原頼長・源為義・平忠正(死罪)

1158年 後白河天皇の子が即位して二条天皇に
後白河上皇になり院政を始める

1159年 平治の乱が起こる
藤原通憲(信西)(戦死)・平清盛が勝利し、藤原信頼・源義朝は敗死

1169年 出家して後白河法皇

1177年 鹿ヶ谷(ししがたに)事件
後白河法皇の近臣、藤原成親・成経、僧の俊寛西光、北面の武士の平康頼らによる平氏を滅ぼす計画が発覚

1179年 平清盛、後白河法皇の院政を停止して幽閉

1180年 後白河法皇の子の以仁王(もちひとおう)が平清盛追討の令旨を出す
以仁王と源頼政が挙兵、敗死
源頼朝も伊豆で挙兵

1181年 平清盛病死
後白河法皇、院政を再開

1183年 源義仲に平氏追討の院宣を出す

1184年 源義経が源義仲を破り、義仲戦死

1185年 平氏、源義経らによって壇ノ浦で滅亡
後白河法皇、源義経に源頼朝の追討を命ずる宣旨を出す
後白河法皇、源頼朝に源義経の追討を命ずる宣旨を出す
頼朝、義経追捕を口実に全国に守護地頭を設置

1189年 源義経、頼朝の命を受けた藤原泰衡に攻められ自決

1190年 源頼朝はじめて京に入り、後白河法皇と面会

1192年 後白河法皇崩御
源頼朝が征夷大将軍になり、鎌倉幕府成立





***** 社会の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****


social studies 超簡単 時刻・時差・日付変更線


今、日本は10月6日午前10時です。
イギリスのロンドンは6日の午前1時、アメリカのニューヨークは5日の午後8時です。

なぜ場所によって時刻が異なるのか、日本とロンドンで9時間の違い(時差)が生じるのはどうしてなのか、日本が10月6日なのになぜアメリカは10月5日なのか(日付変更線)、についてまとめました。


時刻はどう決まるのか

1日が24時間であることは世界共通です。

そして、時刻はどう決まるかというと、(素朴に言うと)太陽の南中する時刻(太陽が頭の真上、一番高いところにくる時刻)が昼の12時(正午)です。

南中時刻と南中時刻の間を24等分したものを1時間として、それぞれの時刻が決まります。
太陽が南中する1時間前であれば午前11時、南中したあと1時間が経過したら午後1時ということになります。

地球と太陽左図の1、太陽が日本を通る経線の真上にあるとき、日本は正午です。
図の2、地球が自転して太陽がインドの真上にきたとき、日本は太陽が通り過ぎて4時間たっているので午後4時です。
図の3、太陽がイギリスのロンドンを通る経線の真上にあるとき、日本は午後9時です。
図の4、太陽が、日本の真反対、ブラジルの真上にきたとき、日本は真夜中の0時です。

地球は、1日24時間で、1周360度自転するので、
360度÷24=15度
地球が15度回転すると1時間経過することがわかります。


時差

1884(明治17年)、アメリカのワシントンで開かれた国際子午線(しごせん)会議で、イギリスロンドンにあった旧グリニッジ天文台を通る子午線(経線の基点になる子午線だから本初子午線といいます)を経度の基準線とすることに決めました。
本初子午線が経度0度であり、ロンドンより東に180度までが東経、西に180度までが西経です。

世界の時刻も、この本初子午線を基準とすることに決めました。

ロンドンを通る経度0度の経線を、時刻の基準の0時とします(国際標準時、グリニッジ標準時)。

ロンドンより東まわりに東経180度までは、経度15度ごとに1時間、ロンドンより進んだ時間(+)になります。
ロンドンより西まわりに西経180度までは、経度15度ごとに1時間、ロンドンより遅れた時間(-)になります。

地球は西から東に向かって自転しているので、ロンドンより東では(ロンドンより先に太陽が通り過ぎるので)経度15度ごとに1時間ずつロンドンよりは進んだ時間になり、逆に、ロンドンより西では(ロンドンより後に太陽がくるので)経度15度ごとにロンドンより1時間ずつ遅れた時間になるということです。

また、経度15度分が時刻の1時間に相当するので、各地の時刻を決める際には経度の15度きざみで決めないと不便です。

日本を通る15度きざみの経線は、東経135度です。
だから、日本の時刻は、135度÷15度=9
ロンドンを基準にすると+9時間です。

この+9が、イギリス日本の「時差」です。

インドの西部を通る15度きざみの経線は東経75度です。
イギリスとの時差は75÷15=5、+5時間です。
だから、日本とインドとの時差は9-5=4、4時間です。

アメリカの東部を通る15度きざみの経線は、イギリスより西で西経75度です。
イギリスとの時差は-5時間です。
アメリカのニューヨークと日本との時差は、イギリスをはさんで-5と+9のちがいだから14時間だということになります。

地球上の2地点間の時差を求めようとするときは、必ず、それぞれのイギリスとの時差を先に考え、それから求めないといけません。

つまり、数直線を頭に思いうかべて、ロンドンを通る経線が0、15度きざみで、それより東が+1、+2、・・・、+12、それより西が-1、-2、・・・、-12、と考えればよいのです。


日付変更線

時差についてはわかりました。
次は日付です。

今日は10月6日ですが、地球の10月6日はどこから始まるのか、その基点を決めておかないといけません。

1884(明治17年)の国際子午線会議で、東経180度と西経180度の重なる経線を日付変更線とすることに決めました。

東経180度(西経180度)0時のとき、地球の新しい1日が始まると決めたのです。

地球をリンゴとして、東経180度の線にナイフをあてて、リンゴの皮を左にむいていくとします。
リンゴの皮がむけて、白い部分が露出していきます。
その露出した部分が新しい1日、まだ皮をむいていない、ナイフより左の部分が1日前の日です。

東経180度の経線上(イギリスとは+12の時差)で新しい10月6日が始まったとき、東経135度にある日本(イギリスとは+9の時差)は午後9時です(12-9=3時間で0時よりは3時間前だから)。
3時間たつと、日本は0時になり、そこから24時間が日本の10月6日です。
その時、日本より西の国は、まだリンゴの皮が向けていないので10月5日です。

日付変更線実際の日付変更線は、東経180度(西経180度)の経線とはぴったり一致しません。

左の図で、左の赤色の縦の線が本初子午線(経度0度)、右の赤色の線が日付変更線です。

陸地を日付変更線が通ると、その線より東へ行くと前の日、西へ行くと新しい日ということになって混乱します。
その混乱を避けるために、日付変更線は、基本的には東経180度の線と一致しますが、島などの陸地を通るときは陸地を避けるように変更を加えてあります(また、同じ国で日付が異なると不便なので、同じ国は同じ日になるように変更を加えています)。


日付変更線には、そこから新しい1日が始まるという意味の他に、飛行機などでその線をまたぐときは日付を変更しないといけないという意味もあります。

日本からアメリカへ飛行機で移動するとき、日付変更線の西側(日本側)は新しい日、日付変更線の東側(アメリカ側)は前の日ですから、1日、日付を遅らせないといけません。
逆に、アメリカから日本へ飛行するときは、前の日から、日付変更線をまたぐことで新しい日に入るので、日付を1日進ませます。


日本の標準時とタイムゾーン

15度ごとに区切った経線にそった、同じ時刻を使っている地域のことをタイムゾーンといいます。

タイムゾーン日本は、運のよいことにほぼ中央部を東経135度の経線が通っており(兵庫県明石市を東経135度が通っています)、東西にそれほど広い国ではないので、東経135度の地点を太陽が南中する時刻を正午と決めておけば日本全体がそのとき同じ正午であってもほとんど不都合はありません(これを、日本の標準時といい、東経135度を日本の標準時子午線といいます)。

つまり、日本のタイムゾーンは1つです。

ところが、アメリカやロシアのように、東西に広い国では、1つの国に1つの標準時だけでは不都合です。
こうした国は、1つの国の中に複数のタイムゾーンがあります(アメリカの場合、4つのタイムゾーンがあります)。



***** 社会の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****


social studies 平清盛(たいらのきよもり)の生涯と業績


平清盛は、平安時代末期に、保元の乱平治の乱に勝利し、武士として初めて太政大臣になりました。
娘の徳子を高倉天皇の后とし、平氏が朝廷の要職を独占して、「平家にあらずんば人にあらず」と称されるほどの権勢を誇りました。


平清盛までの系図

桓武天皇
葛原親王(かずらはらしんのう)
高見王
高望(たかもちおう):長男国香、次男良政(その子が平将門)
平国香
平貞盛:長男維将(これまさ)(子孫が北条氏)、四男維衡(これひら)
平維衡(これひら):伊勢平氏の祖
→平正度(まさのり)
→平貞季(さだすえ)
→平正衡(まさひら)
平正盛(まさもり)
平忠盛(ただもり)
平清盛

承平天慶の乱に功のあった平貞盛の子孫が全国に広がり、伊勢国(今の三重県)を基盤として伊勢平氏とよばれた平維衡の子孫が財をたくわえ、平正盛は白河上皇のとき北面の武士に、平忠盛は鳥羽上皇のとき貴族に列せられ、都で出世していきます。その繁栄を基盤に平清盛が権勢をふるうのです。


保元の乱(ほうげんのらん)

1156年(保元元年)に都で起こった争乱を保元の乱といいます。

天皇家では、ともに鳥羽上皇の子であった後白河天皇崇徳上皇が皇位継承をめぐって対立していました。
また、藤原摂関家では、兄の藤原忠通(関白)と弟の藤原頼長(左大臣)が氏の長者の地位を争いました。

現状に不満な崇徳上皇藤原頼長が手を組み、源氏の源為義、平氏の平忠正を味方に引き入れました。

後白河天皇藤原忠通は源氏の源義朝、平氏の平清盛に頼りました。

源為義と源義朝は父と子、平忠正と平清盛は叔父と甥です。

戦いは、奇襲攻撃に成功した後白河天皇方が勝利し、崇徳上皇は讃岐に流され、藤原頼長は戦いの中で戦死しました。源為義と平忠正は死刑となり、源為義の子の源為朝(源義朝の弟)は伊豆大島へ流刑となりました。

保元の乱は武士の実力をはっきりと示した事件であり、中央政界に武士が大きく進出するきっかけとなりました。


平治の乱(へいじのらん)

保元の乱の3年後、1159年(平治元年)に都で起こった争乱が平治の乱です。
保元の乱の勝者方である後白河上皇の近臣間の争いでした。

保元の乱に功のあった平清盛は大国播磨(今の兵庫県)の国司になり、参謀であった藤原通憲(信西)は後白河上皇の寵臣として取り立てられました。

勝者側でありながら源義朝は位をとどめられ、藤原通憲に反感を抱く藤原信頼と結びついてクーデターを企てます。

平清盛が熊野詣に出かけた隙をついて源義朝と藤原信頼が挙兵し、後白河上皇と二条天皇を幽閉し、藤原通憲を自害させました。

平清盛は都に引き返し、後白河上皇と二条天皇を奪い返して源義朝・藤原信頼追討の宣旨を得ることに成功します。
平氏と源氏の激しい戦いの後、源義朝は敗走して尾張で殺害され、子の源頼朝は伊豆に流されました。

平治の乱によって武家の棟梁としての平清盛の地位が確立し、その権力はさらに強固なものになりました。


日宋貿易

平安中期〜鎌倉中期、日本と宋との間でおこなわれた貿易が日宋貿易です。

960年に建国した宋は貿易を奨励したので、平安時代中期に大宰府の監督下でわが国とも貿易が始まりました。宋の商人が九州の博多や越前(今の福井県)敦賀に来航して私貿易をおこなっていました。

越前守であった平忠盛は、日宋貿易で得た貴重な品を院に献上して喜ばれました。

平清盛は忠盛の事業を継承し、博多港を工事で広げ、寺社の勢力下にあった瀬戸内航路を確保して日宋貿易の拡大を図りました。

清盛は航海の守り神として厳島神社を信仰し、宋と正式に国交を結んで、1173年に、摂津国(今の兵庫県)の大輪田泊(おおわだのとまり:現在の神戸港)の拡張工事をして、積極的に貿易をおこないました。

宋からは銅銭宋銭とよばれました)・陶磁器香料などを輸入し、宋へは硫黄刀剣砂金などが輸出されました。

宋銭の輸入はわが国の貨幣経済の進展に大きな役割を果たしました。


福原遷都と源氏の挙兵、清盛の死

1180年、平清盛は摂津国(今の兵庫県)の福原(今の神戸市)に都を移すことを計画しました。

1169年以降、清盛は平家一門に政治を任せて福原の邸宅で過ごしていました。
日宋貿易を推進し、純粋な武家の政権をつくる意図があったという説もあります。

お互いに協力していた平清盛と後白河上皇は次第に対立し、1179年、清盛は後白河法皇を幽閉し、院政を停止します。
1180年、高倉天皇を上皇に、清盛の娘徳子の子を安徳天皇として即位させました。
その直後、後白河法皇、高倉上皇、安徳天皇と平家一門は福原に移るのです。

都では後白河法皇の子、以仁王(もちひとおう)の平氏打倒の挙兵計画が発覚するなど、騒然とした政情の中での遷都計画でした。

源頼朝や源義仲ら反平氏勢力の挙兵や強い反対意見があって、半年後、清盛は遷都を断念し、京都に戻ります。

1181年、平清盛は平宗盛を棟梁とする平氏一門をあげて源頼朝を討とうと関東進軍を計画しますが、熱病により急死しました。


平清盛の生涯(年表)

1118年 平忠盛(たいらのただもり)の長男として誕生

1129年 従五位下左兵衛佐に叙任(12歳)

1153年 平忠盛病死、平清盛が平氏の棟梁に

1156年 保元の乱(39歳)
後白河法皇・藤原忠通・平清盛・源義朝⇔崇徳上皇・藤原頼長・源為義・平忠正

1159年 平治の乱(41歳)
藤原通憲(信西)・平清盛⇔藤原信頼・源義朝
源義朝の子の頼朝、伊豆に流罪

1167年 平清盛が太政大臣に(50歳)

1168年 清盛、大輪田泊(おおわだのとまり)を改修、日宋貿易

1177年 鹿ケ谷(ししがたに)事件
平清盛の娘の徳子、高倉天皇の中宮に

1178年 徳子が高倉天皇の皇子を生む(のちの安徳天皇)

1179年 清盛の長男、平重盛(たいらのしげもり)病死
後白河法皇を幽閉

1180年 安徳天皇が即位

源頼政(みなもとのよりまさ)・以仁王(もちひとおう)挙兵、平氏が勝つ

源頼朝(みなもとのよりとも)伊豆で挙兵、源義仲(みなもとのよしなか)木曾で挙兵

富士川の戦い、源氏が勝利

1181年 平清盛病死(64才)

1185年 壇ノ浦の戦い(だんのうらのたたかい)で平氏滅亡




***** 社会の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****


social studies 日本のユネスコ世界遺産・平泉・小笠原諸島


中学受験や高校入試の問題でよく取り上げられるのがユネスコの世界遺産です。
今年(2011年)は平泉と小笠原諸島が新たに世界遺産として登録されました。


世界遺産条約

正式名称は『世界文化遺産及び自然遺産保護に関する条約』ですが、世界遺産条約と答えたら正解です。

人類にとって普遍的な価値を持つ、世界各地の文化遺産自然遺産を国際的に保護することを目的とする条約です。

1972年、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の第17会総会(パリ)で採択され、1975年に発効しました。
187国が条約に参加しており(2011年6月現在)、わが国は1992年に125番目の締約国となりました。

人類の記念工作物建造物遺跡自然で、「顕著で普遍的価値」があるものを保護の対象とします。

条約締約国は、自国内の世界遺産の保護に最善を尽くす義務があります。
また、国際社会は世界遺産の保護に協力する義務を負います。


世界遺産委員会

世界遺産の保護に活用するために、締約国の分担金、拠出金、寄付金で「世界遺産基金」が設けられました。

また、締約国から選出された委員によって構成する「世界遺産委員会」が世界遺産の決定と世界遺産の保護のための援助をおこないます。

世界遺産委員会は締約国が世界遺産として推薦する候補物件を審査し、世界遺産であると認定すると「世界遺産一覧表」に登録します。

さらに、世界遺産委員会は、調査や研究、専門家の派遣、機材の供与、資金協力などの国際的な援助をおこないます。


文化遺産・自然遺産・複合遺産

「世界遺産一覧表」に2011年6月現在、936件の世界遺産が登録されています。

世界遺産は、文化遺産、自然遺産、複合遺産の3種類に分類されます。


文化遺産(725件)

(1)記念工作物(建築物、彫刻など)、(2)建造物群(建造物の集落)、(3)遺跡などを含む区域が文化遺産です。

歴史上、芸術上、学術上、「顕著な普遍的価値」があると認められると世界遺産に認定されます。

(例)万里の長城(中国)、アンコール遺跡(カンボジア)、自由の女神像(アメリカ)など。


自然遺産(183件)

(1)特徴のある生物群、(2)絶滅のおそれのある動物植物、(3)自然の風景などを含む区域が自然遺産です。

学術上、保存上、景観上、「顕著な普遍的価値」があると認められると世界遺産に認定されます。

(例)グランド・キャニオン国立公園(アメリカ)、グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)、 カナディアン・ロッキー山脈公園(カナダ)など 。

複合遺産(28件)

文化遺産と自然遺産の両方の条件を兼ね備えた遺産です。

(例)マチュピチュの歴史保護区(ペルー)、ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群(トルコ)など。


日本国内にある世界遺産

日本国内には、文化遺産12、自然遺産4、計16の世界遺産があります。

日本の世界遺産



























文化遺産
(登録順)


法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)1993年
姫路城(兵庫県)1993年
古都京都の文化財(京都府・滋賀県)1994年 ・・・清水寺・延暦寺・平等院鳳凰堂など
白川郷(しらかわごう)・五箇山(ごかやま)の合掌造り集落(岐阜県・富山県)1995年
広島の平和記念碑(原爆ドーム)(広島県)1996年・・・人類の「負の遺産」
厳島神社(いつくしまじんじゃ)(広島県)1996年
古都奈良の文化財(奈良県)1998年・・・東大寺と正倉院・唐招提寺など
日光の社寺(栃木県)1999年・・・徳川家康をまつる日光東照宮など
琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県)2000年・・・首里城など
紀伊山地の霊場と参詣道(奈良県・和歌山県・三重県)2004年・・・高野山・熊野三山など
石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)2007年
平泉の仏国土を表す建築・庭園・考古学的遺跡群(岩手県)2011年


自然遺産(登録順)

白神山地(しらかみさんち)(青森県・秋田県)1993年・・・ブナの原生林
屋久島(鹿児島県)1993年・・・縄文杉
知床(北海道)2005年
小笠原諸島(東京都)2011年


平泉(仏国土を表す建築・庭園・考古学的遺跡群)

岩手県南部にある平泉は、11世紀〜12世紀、藤原清衡(ふじわらのきよひら)・基衡(もとひら)・秀衡(ひでひら)の3代にわたって栄華を誇った奥州藤原氏の拠点でした。
奥州藤原氏は4代泰衡(やすひら)の時、源頼朝によって滅ぼされました。

平泉には、平安時代に貴族が信仰した浄土思想により、現世に仏国土(浄土)を実現しようとして中尊寺(ちゅうそんじ)や毛越寺(もうつうじ)などの寺院が建立されました。

平泉の寺院浄土庭園が、日本固有の神道と結びついた仏教の進化を明示していること、自然信仰と阿弥陀如来の極楽浄土思想の融合を象徴していることが評価され、2011年6月、第35回ユネスコ世界遺産委員会で世界遺産に登録されました。


小笠原諸島

小笠原諸島は、本州の南約1000km〜2000kmの太平洋上にある大小30余りの島々で構成されています(東京都に属します)。
小笠原群島(父島・母島など)と火山列島(硫黄島など)や、日本の最南端の沖ノ鳥島、日本の最東端の南鳥島が小笠原諸島に含まれます(世界遺産に含まれるのは小笠原群島や火山列島などで、沖ノ鳥島と南鳥島は含まれません)。

江戸時代後期、アメリカやイギリスの船の寄港地として知られており、ハワイからの移民も居住していたようです。
1876年、日本の領土であることが確定しました。

硫黄島は太平洋戦争の激戦地であり、戦後、小笠原諸島はアメリカの占領下におかれましたが、1968年、日本に復帰しました。

小笠原諸島は大陸と一度も陸続きになったことがないので、植物や昆虫、陸産貝類など多くの生物の固有種が独自の進化を遂げました。

2011年6月、世界遺産委員会は独特の生態系を評価して、自然遺産に登録しました。


負の世界遺産

世界遺産の中で、人類の残虐な行動の結果残った遺産は「負の世界遺産」といわれることがあります。

広島市の原爆ドームやアウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所(ドイツ)、奴隷貿易の拠点であったゴレ島(セネガル)、政治犯の収容所であったロベン島(南アフリカ)、ビキニ環礁の核実験場などが負の遺産だとされています。


無形文化遺産

世界遺産は移動できない有形のものに限られます。

無形の文化遺産に関しては、2003年、無形文化遺産保護条約が採択され、ユネスコ文化局無形遺産課が管轄し、国際協力のもとで保護がはかられています。




***** 社会の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****


social studies 白河上皇(しらかわじょうこう)と院政


1086年
白河天皇は子の堀河天皇に譲位して上皇(じょうこう)となり、院庁(いんのちょう)で政治をおこないました。

院政の始まりとされています。


白河天皇・上皇(じょうこう)・法皇(ほうおう)の生涯(年表)

1053年 尊仁親王(たかひとしんのう:のちの後三条天皇)の第一皇子貞仁親王(さだひとしんのう:のちの白河天皇)誕生

1068年 170年ぶりに藤原氏と外戚関係のない後三条天皇、35歳で即位

1069年 貞仁親王が後三条天皇の皇太子に

1072年 後三条天皇が退位、貞仁親王が白河天皇(20歳)として即位

1073年 後三条上皇死去

1074年 藤原頼通死去

1086年 白河天皇が子の堀河天皇(8歳)に譲位、白河天皇は白河上皇に
院庁(いんのちょう)で院政開始(白河上皇のちに法皇(ほうおう)の院政は43年間に及ぶ)

1087年 源義家のはたらきで後三年の役が終わる

1095年 院庁の警備役として北面の武士(ほくめんのぶし)を設置

1096年 白河上皇が出家して、白河法皇に

1107年 堀河天皇崩御、堀河天皇の子(白河法皇の孫)鳥羽天皇(4歳)が即位

1113年 白河法皇が延暦寺と興福寺の抗争鎮圧を平正盛と源為義に命じる

1120年 白河法皇が関白藤原忠実の内覧の権を停止

1123年 鳥羽天皇(21歳)が退位し鳥羽上皇に、崇徳天皇(すとくてんのう)(5歳)が即位

1129年 白河法皇(77歳)死去 
鳥羽上皇が院政を開始


院政とは

天皇の父または祖父が、天皇を退位ののち上皇となり、天皇をしのいで政治をおこなうことを院政といいます。

白河天皇が堀河天皇に譲位し、院庁(いんのちょう)を開いたのが院政の始まりとされています。

歴史上、白河上皇、鳥羽上皇、後白河上皇の三代の政治を院政といいます。

天皇に代わって臣下の藤原氏が摂政・関白になって政治をおこなったのが摂関政治であり、 摂関政治を無力化し、天皇が退位後に上皇となって天皇をしのいで政治をおこなったのが院政です。

院政をおこなう上皇は「治天の君(ちてんのきみ)」と呼ばれ、絶対的な権力をもちました。

日常的な政治は天皇や摂政・関白がおこない、国の重要事項を上皇が決定しました。
上皇の命令である院庁下文(いんのうちょうくだしぶみ)や院宣(いんぜん)が、天皇の詔勅(しょうちょく)や太政官符(だじょうかんぷ)をしのぐ効力をもちました。


院政を支えた階層と財産

院近臣(いんのきんしん)

院政で上皇を支えたのは院近臣(いんのきんしん)と呼ばれた中級・下級の貴族です。

摂関家に属さず、都での出世をあきらめた中級以下の貴族は、国司(受領)や目代として地方に下り、一定の税を都に納める以外は自由に地方を支配して、莫大な財産をたくわえるようになりました。

北面の武士(ほくめんのぶし)

北面武士(ほくめんのぶし)とは、院の御所の北側に部屋を与えられ、上皇の警護にあたった武士です。
白河上皇のとき設置されました。

院政期にしばしば都に出没して強訴(ごうそ)をおこなった寺社の僧兵から上皇を守る役割も果たしました。

北面の武士の設置は、武士が都で台頭するきっかけとなりました。

平清盛の祖父の平正盛、父の平忠盛、清盛自身も北面の武士であり、源頼朝の祖父の源為義、父の源義朝も北面の武士でした。

仏教の保護と混乱

上皇は仏教を熱心に信仰し、院近臣の経済力を活用して法勝寺などの多くの寺院を建立しました。
また、1096年、出家して上皇から法皇となりました。

また、白河天皇の頃、南都(奈良の興福寺東大寺)・北嶺(比叡山の延暦寺)の大寺院が僧兵を持ち、強訴や寺院間の抗争を繰り返していました。

『平家物語』にある逸話、白河上皇の言葉「賀茂河の水、双六の賽、山法師(比叡山の僧兵)、是ぞわが心にかなわぬもの」(天下三不如意)から、権力者の白河上皇でも仏教寺院の乱暴に苦しめられたことがわかります。

荘園と知行国

上皇の権力が強くなると、院への荘園の寄進が進みました。

また、特別に国司の任免権を認められた国を知行国(ちぎょうこく)といい、院が知行国主である院分国(いんぶんこく)は院の財政を支えました。


運と執念がもたらした白河上皇の院政

白河上皇は、最初から計画的に院政をおしすすめたわけではありません。

父の後三条天皇は、35歳という壮年期に、170年ぶりに藤原氏と外戚関係のない天皇として即位しました。
その後三条天皇が摂関政治を抑制することに成功して4年で退位した後、天皇になるという幸運に恵まれました。

白河天皇として即位のとき、異母弟が皇太子に立てられて白河天皇の子は皇位継承から外されるおそれがあったのですが、異母弟が病死したことで、白河天皇はみずからの系統で皇位を独占することに執念を燃やします。

子の堀河天皇、孫の鳥羽天皇、ひ孫の崇徳天皇の三世にわたっての白河上皇の院政は、その執念のもたらしたものとも見ることができます。

また、白河上皇の政策は、天皇家のあとつぎ争いや藤原摂関家内部の抗争を生み、のちの保元の乱平治の乱の原因となりました。




***** 社会の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****


social studies 後三条天皇の業績


1068
年、後三条天皇が即位しました。

後三条天皇は藤原氏の摂関政治に制限を加えて、のちに白河上皇(後三条天皇の第1皇子)が始めた院政への橋渡しをした天皇です。


170年ぶりの、藤原氏と外戚関係にない天皇

後三条天皇の父は後朱雀天皇(その父は一条天皇、母は藤原道長の娘彰子)、母は禎子(ていし、さだこ)内親王(その父は三条天皇、母は藤原道長の娘妍子)です。

藤原摂関家は外戚関係(がいせきかんけい:天皇に自分の娘を嫁がせ、生まれた皇子を天皇にすることで天皇の祖父として政治の実権をにぎること)を利用して長年にわたり政治権力を独占しました。

後三条天皇は、宇多天皇以来170年ぶりの、藤原摂関家とは外戚関係のない天皇で(父方、母方の祖父はともに天皇で、後三条天皇は藤原氏の孫ではありません)、自ら積極的に政治をおこないました(天皇の「親政」といいます)。


延久の荘園整理令と記録荘園券契所

自ら政治にとりくんだ後三条天皇は、大江匡房(おおえのまさふさ)など藤原氏以外の役人でも能力のある人は積極的に登用し、荘園を整理して制限する政策をおこないました。

後三条天皇は、1069年に延久の荘園整理令を出します。
1045年以後に設けられた荘園を廃止すること、1045年以前に認められた荘園でも証拠の書類(券契)が不確かなものは認めないことを内容する命令です。

そして、証拠書類の審査をする役所として記録荘園券契所(きろくしょうえんけんけいじょ)を設け、厳密な審査を行いました。

藤原氏の経済的基盤は荘園です。
平安時代中期の土地制度は荘園公領制と呼ばれます。農地の半分が荘園で半分が公領でした。
藤原摂関家などに寄進される荘園が増えると、国税の徴収の対象である公領はその分だけ減少することになります。
後三条天皇は荘園を制限することで、藤原摂関家に集中していた荘園を国の公領にもどし、天皇家に取り返したことになります。

延久の荘園整理令は公正に実行され、藤原摂関家に大きな打撃を与えました。


延久の新政

後三条天皇は、延久の荘園整理令以外にも、絹布の制(けんぷのせい:絹や布の品質を統一した)、宣旨枡(せんじます:農作物の量をはかる枡を国の定めたものに統一した)、一国平均役(いっこくへいきんやく:内裏の工事の費用などを荘園と公領から一律に徴収する)などの積極的な政策をおこないました。

また、後三条天皇のとき、現在の青森県、津軽半島・下北半島まで朝廷の支配範囲が広がりました。

こうした後三条天皇の政治は延久の新政、延久の善政と言われます。

後三条天皇の在位期間はわずか4年に過ぎませんが、その政策は後の世に大きな影響を与えました。


後三条天皇の生涯(年表)

1034年 後朱雀天皇(ごすざくてんのう)の第2皇子として生まれる

1045年 後冷泉天皇(後三条天皇の兄)即位、皇太弟になる

1068年 後冷泉天皇崩御、後三条天皇35歳で即位
藤原頼通にかわり藤原教通(ふじわらののりみち:頼通の弟)関白に

1069年 延久の荘園整理令

1070年 絹布の制

1072年 宣旨枡
病気を理由に退位、白河天皇即位

1073年 40歳で病死




***** 社会の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
働きアリ
教科別目次
算数・数学
英語
国語
理科
社会
5教科以外
後援
NPO法人
全国放課後週末支援協会


・リンクフリーです。
・学習塾や家庭で自由にご活用ください。
qlook
QLOOKアクセス解析
selected entries
categories
archives
recent comment
  • science 位置エネルギー・運動エネルギー・力学的エネルギー保存の法則
    あきょ (10/29)
  • index 社会 分野別 目次
    applepen (01/27)
  • mathematics やや難しい因数分解
    ひで (05/25)
  • Japanese 中学生の小論文(1) 模範答案例
    ari (11/30)
  • Japanese 中学生の小論文(1) 模範答案例
    ユナ (11/30)
  • mathematics 高校入試問題研究:数学(3)(大阪府公立高校入試・前期・理数科・平成21年度)
    Ari (12/14)
  • mathematics 高校入試問題研究:数学(3)(大阪府公立高校入試・前期・理数科・平成21年度)
    躁介 (12/14)
  • math 角度の難問(中学2年生)
    無礼者ですみません。 (07/21)
  • science 水の圧力(水圧)のよく出る問題 (中学理科)
    アリ (03/26)
  • science 水の圧力(水圧)のよく出る問題 (中学理科)
    Arai Yayoi (03/26)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM